ISO/IEC 10646:2017が発行 漢字の国際規格化が完了

12月22日(日本時間)、文字コード国際規格書の最新版である、ISO/IEC 10646 (Universal Coded Character Set) 第5版がISO(国際標準化機構)より発行されました。これにより、整備してきた約6万文字の漢字全ての国際規格化が完了したことになります。その結果、これら約6万文字全てをコンピュータで使用する際、統一的な文字コードで扱うことができるようになりました。

詳細につきましては、IPAのプレスリリースをご覧ください。

また、2017年12月12日(太平洋標準時)には、Unicode IVD 2017-12-12がUnicode Consortiumより発行されており、IVD Moji_Johoコレクションが更新されています。これらにより、MJ文字情報一覧表の全ての文字がUCS符号位置またはIVSにより識別可能となります。

ISO/IEC 10646:2017およびUnicode IVD 2017-12-12に対応したMJ文字情報一覧表・IPAmj明朝フォントの公開は、2018年1月を予定しております。