基幹系住民情報から業務システムへの汎用的文字コード変換方式の実証

概要

自治体業務では住民基本台帳を中心とする各種業務システム間のデータ連携が不可欠です。神奈川県藤沢市ではホストコンピュータを中心とした業務運用が行われています。
本実証実験では、連携元システムと連携先システムの文字コードを直接変換するのではなく、それぞれのシステムの文字コードとMJ文字図形名とのマッピングを整理し、変換・縮退を定義しました。その結果、藤沢市が現在利用している約13,000文字の藤沢市文字セットの99.5%がMJ文字情報一覧表と対応づけられることが確認できました。また、財団法人地方自治情報センター(LASDEC)提供の被災者支援システムに藤沢市文字セットをJIS X 0213:2004範囲に縮退させて連携する文字コードマップを定義したところ、適切な縮退可能であることを確認し、災害緊急時に迅速な対応が取れることを検証しました。

これらの実証結果を報告書に整理するとともに、実際に文字コードマップ作成時に利用した手順を、公開中の「文字コードマップ作成ルール」、「縮退マップ作成ルール」にまとめました。また、実証実験に利用した文字コードマップも公開データとして提示していますのでご参照ください。

基準文字セットを利用した文字コードマップ定義方式イメージ

基準文字セットを利用した文字コードマップ定義方式

公開資料

1. 報告書(3.4Mbyte)
2. 基本設計書(1.5Mbyte)
3. 公開データ・ドキュメント一式(1.0Mbyte)
( A.文字コードマップ    B.文字コードマップ作成ルール    C.文字コードマップ利用ガイド    D.縮退マップ作成ルール    E.縮退マップ利用ガイドを内包しています)
 

問い合わせ先

実施企業 日本電気株式会社
公共ソリューション事業部

URL http://jpn.nec.com/kokyo
自治体 藤沢市
実施企業による詳細情報 準備中
実施企業連絡先 TEL:03-3798-1443
FAX:03-3798-8449
E-mail:nec_adress