多種文字コードと文字情報基盤文字コードとのコード変換ライブラリを介したデータ連携

概要

実証実験システム概要イメージ

実証実験システム概要

宮城県石巻市では平成12年(2000年)に日立製汎用機を導入し、住民情報システムを稼働後、介護保険業務、住基ネット業務、戸籍業務等について順次システム化を推進してきました。
これら業務システムにおける文字コードはそれぞれ異なり、データ連携を実現する上での文字コード変換、及び文字コード変換テーブルはそれぞれの業務システム間で管理しているため、その管理の煩雑さが課題となっていました。
また、戸籍システムとのデータ連携については職員による手作業にて入力作業を行っています。
本実証実験では、文字情報基盤(MJ文字図形名)を介したデータ連携の実現による各業務システム間連携の効率向上とデータの正確性確保、ならびに戸籍システムとのデータ連携のシステム化による他ベンダ間のデータ連携の実現のため、コード変換ライブラリとコード変換テーブルを開発し、実際に、石巻市環境にコード変換用中間サーバを新設して検証を実施しました。
検証にあたっては、住民情報システムからの「住民異動」処理を対象業務として選定し、石巻市職員の方々からの意見も含め、検証結果から得られた効果・課題について「実証実験報告書」としてまとめています。

文字コード変換例イメージ

文字コード変換例

また、本コード変換ライブラリは、各文字コード(KEIS,SJIS,Unicode等)とMJ文字図形名を相互変換する機能を有しており、汎用性の高い文字コード変換と、更に石巻市が導入している自治体シェア60%以上の富士ゼロックスシステムサービス株式会社の戸籍システムとのデータ連携を実現しています。
詳細につきましては、コード変換ライブラリの「基本設計書」をご参照ください。

公開資料・ソフトウェア

1. 報告書(2.1Mbyte)
2. 基本設計書(1.5Mbyte)
3. 公開ソフトウェア(5.2Mbyte)

問い合わせ先

実施企業 株式会社 日立製作所
情報・通信システム社/公共システム事業部
自治体 石巻市
実施企業による詳細情報 HITACHI文字基盤ソリューション
実施企業連絡先 TEL:03-5632-7530
FAX:03-5632-7625
E-mail:日立メールアドレス 

上記リンク先のページの内容につきまして、IPAは一切の責任を負いません。ご質問などは各ページに記載された連絡先へお願いします。

TOPへ