外字統合管理サービス/文字情報基盤(IPAmj明朝フォント)対応

事業者:富士ゼロックスシステムサービス株式会社

概要

外字統合管理サービスは、富士ゼロックスシステムサービス株式会社が戸籍電算化事業で培った文字に関する知識やノウハウを活かし、地方公共団体内の業務システム間で異なる文字コード・フォント環境を統合管理するクラウドサービスです。  2013年3月より文字情報基盤(IPAmj明朝フォント)を追加搭載し、搭載文字数は約9万文字となります。これにより行政機関のみならず、正確な文字表現を必要とするさまざまな場面での利便性が向上します。

【外字統合管理サービスのPOINT】

  1. 外字作成の負担やコストを軽減
    外字登録作業は、異なる文字体系のシステム毎にフォントを作成・登録する、手間のかかる作業です。このサービスでは、作成したい文字フォントを検索し、コード登録するだけで外字が作成できます。
  2. 実務に即した文字フォントの利用が可能
    文字は見た目の美しさと正確性が求められます。弊社の文字フォントは、全国1,000団体以上で稼動する戸籍システムをベースに、作成・メンテナンスされています。 戸籍、住民票などの実際の証明書に利用されており、実務にそってデザインされた美しいTrueTypeフォントです。
  3. 様々な文字コード・文字フォントの見える化・統合管理が可能
    JIS78、JIS90、JIS2004などの各文字規格を網羅しており、Unicode(UTF8、UTF16)だけでなく、Shift-JIS、各種汎用機文字コード、住基ネット統一コード、戸籍統一文字コードなどに対応し、各業務システムの文字体系を一元的に統合管理することが可能です。

概要イメージ

外字統合管理サービス(文字基盤)サービス概要図

外字統合管理サービス(文字基盤)サービス概要図

外字統合管理サービス(文字基盤)画面イメージ

外字統合管理サービス(文字基盤)画面イメージ

外字統合管理サービス紹介サイト

http://www.fxss.co.jp/solution/kokyo/ks01/gaiji.html

問い合わせ先

名称 富士ゼロックスシステムサービス株式会社
URL http://www.fxss.co.jp/
TEL 03-3291-2608
E-mail メールアドレス画像

上記、概要及びリンク先ページの内容につきまして、IPAは一切の責任を負いません。ご質問などは各ページに記載された連絡先へお願いします。

活用事例の掲載をご希望の方はこちら。

活用事例掲載申し込みを行う

TOPへ